よくある質問

Q1:お墓は地震で倒れるのですか?
A.実験の結果によりますとお墓は震度4~5程度の地震で倒する可能性があるということです。当社の『安震はかもり®』施工では、お墓は震度7の地震にも耐えるので、地震が起きても安心していただけます。
Q2:お墓が倒れるとどうなりますか?
A.お墓は倒れると割れたり、欠けたりしてしまいます。倒れるときに隣のお墓を倒してしまったり、ぶつけて傷つけてしまう可能性もあります。その様な場合損害賠償を請求されたという例もあります。
Q3:めったに起こらない地震の為にお金を払ってまで、免震施工をする意味は?
A.お墓が倒れる事は地震だけではありません。 原因は台風・竜巻そして最近ではいたずらも増えてきています。免震施工をしているとこれらの状況にも強いお墓をつくることで、安心していただけます。
Q4:地震等でお墓が倒壊しても簡単に直せますよね?
A.倒れたらすぐに修復できるほど簡単ではありません。 倒れた墓石を元に戻すだけではなく、かけた部分 を削ったり、新しく作り直したりしなければなりま せん。修理には手間も時間も、それに費用もかかります。 修復不可能な墓石は新規に施工しなければいけない場合も有ります。
Q5:似たような、お墓の地震対策用のゲルとどう違うの?
A.『安震はかもり®』と見た目が同じようなもので、シリコンゴム製などのゲルがありますが、これらの中には衝撃吸収性に問題があるものがあります。地震対策用のゲルに求められるのは、地震の際の「衝撃」を「吸収」するかどうか。
皆さまでも簡単に実践していただける分かりやすい方法は、パチンコ玉を使用した実験です。同じ高さからパチンコ玉をゲルに落として、その弾み具合を見ます。ゲルの上でピタッと止まれば「衝撃」が「吸収」されている証拠、弾んでしまえば十分に「衝撃」が「吸収」されていないことになります。
シリコンゴム製などのゲルの中には、パチンコ玉が弾んでしまうものがあります。このようなゲルは、十分に「衝撃」を「吸収」できていないことが分かります。
一方『安震はかもり®』は、パチンコ玉がピタッと止まり、十分に「衝撃」を「吸収」していることが分かります。『安震はかもり®』は地震の際の「衝撃」を「吸収」し、地震被害からお墓を守ります


Q6:ホームセンターで売っている家具転倒防止シートとどう違うのですか?
A.ゲルだけでは墓石の重量に耐えれずつぶれてしまって使えません。墓石の重量に耐える為に、耐荷重リングと金属球を入れて開発いたしました。(特許取得済) また、素材は現在国内で製造できる最高レベルのものを使用しております。施工につきましても、当社の講習・その後のテストに合格した技術認定者による施工となっております。
Q7:高温・低温の耐久性はどうなっていますか?
A.高温は約70度で2ヶ月、低温はー40度で2週間保管・実験致しましたが、変化はみられませんでした。墓石内部への施工では、酷夏も厳冬も充分対応できます。

また、120度のオーブンで、市販のゲルと共に溶解実験をいたしました。市販のゲルが時間とともに溶解していく中で、『安震はかもり®』は、120度のオーブンの中48時間経っても溶解しませんでした
*(下記実験データ参照)

Q8:真夏の厚い時など、お墓の間に挟んであるゲルが溶けることはないの?
A.野外において石に施工した状態で、真夏の一番気温の高い日中でも石材の内部である施工面が、『安震はかもり®』の耐熱温度である80℃を超えることはありません。
Q7.にもありますように、120℃の環境の中、48時間の経過実験でも溶解しなかった結果から、墓石の間に施工した『安震はかもり®』が溶けることはありません
『安震はかもり®』を施工した墓石のサオ石部分をバーナーで強制的に加熱して、施工内部の温度変化について実験しました。
結果、下記をご覧いただいてお分かりのように、

①通常の状態(加熱前)の内部温度は22℃


②バーナーで1分17秒加熱した時点での内部温度22℃


と、温度変化はありませんでした。
このことからも、真夏の暑い時でも『安震はかもり®』を施工したお墓の内部が『安震はかもり®』の耐熱温度を超えることはなく、溶解の心配はありません
Q9:墓石に使用した時の耐久性はどうなっていますか?(何年持ちますか)
A.現在市販されているゲルは、通常市販されている「高品質ゲル」といわれるものでも5~10年で溶解するといわれています。しかし、当社の『安震はかもり®』は通常のゲルとは製造方法・材料等が全く異なります。 現在、製造されているゲルの中においても最高レベルの品質です。しかも専用接着剤アイバを使用して墓石のあいだに封入してしまいます。したがって、耐用年数は20~40年位は大丈夫です。 見た目は同じでも免震性の全くないものや耐久性のないものもございますので類似品・粗悪品には十分にお気をつけください。
類似品のゲルの中には、長い耐久性を前面に押し出しているものもあります。しかし、ゲルだけの耐久年数をうのみにしてしまうのは大変危険です。なぜなら、どんな施工も接着剤を使用して施工しているので、使用した接着剤の耐久性も考えなくてはならないからです。接着剤の耐久年数は長くても40年程度。いくら長い耐久性をもつというゲルでも、使用した接着剤の耐久年数をもって、「地震対策自体の耐久年数」とするべきでしょう。
Q10:既に建っているお墓にも施工できますか?
A.石材に一定の強度があり、竿石・上台をはずす事が出来る墓石には現地にて最短30分で免震施工が可能です。
Q11:免震施工をすると費用がものすごくかかるのでは?
A.石材に一定の強度があれば、既存のお墓でも和型8寸の墓石の場合で約3万円~【従来の施工より10分の1程度の費用(当社比較)】で免震施工が可能です。お墓が倒れたあとでは「後悔先に立たず」です。

※加盟店によって、条件が異なります。詳しくは安震本部(0564-66-8228)までお問合せください。
Q12:どうして『安震はかもり®』は「保険」「保証」が無いのですか?
A.家屋等の建築物には建築基準法等で国が厳しく基準を設けていますので、地震保険を掛けることが出来ますが、お墓は建墓基準の様なものは一切ありません! つまり、土台がしっかりした所でなくてもお墓を建てる事が出来るのです。 したがって、全国一律・同一条件で保証する事が出来ないのです。
墓石に保険をかけますと、墓石をローンで購入するくらいの高額な保険料になる可能性がございます。

安震では「安震補償」という補償金額が月々わずか160円の補償がございます。
万が一の場合でお客様の大切なお墓が倒れたりズレたりした場合、「安震補償」が月々160円(年間1920円)で50万円補償いたします。
『安震はかもり®』施工で、地震によって生じる墓石への被害を軽減いたしますが、わずかな金額でさらにお客様やお寺様に安心・安全を”補償”いたします。

※加入するには、安震の定める諸条件を満たした対象物に限ります。詳しくは安震本部までお問合せください。
Q13.お墓にメンテナンスは必要ですか?
A.20年に一度行われる伊勢神宮の式年遷宮や春日大社の式年造替。つねに美しく、いつまでも変わらない神聖な姿を求めて行われています。
亡きご家族やご先祖様への思いが込められたお墓も、ご家族の絆の象徴としていつまでも美しく大切にしたいもの。そのために必要なのが、プロによるクリーニングや補修といったお墓のメンテナンスです。工事の簡単な「安震はかもり®」なら、こうしたお墓のメンテナンスと合わせて施工することができ、お墓を末永く美しく大切に守ることができます。